So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

first sunrise 2013 [海にて]


世の中、何かが色々と動いている?みたいだね

でもね、一番大切なのは
何かに向かって“自分”が動くこと

世界が動こうが、日本が動こうが
自分が動かなきゃ、自分の何も変わりはしない…


初日の出2013.jpg



とっても、お久しぶりでございます。。。

Style Sunset なのに、2013年の始まりは朝日から^^;

しかも、今更・・・初日の出


2012年は、とても大きな変化の一年でした
そして2013年は、もっと大きな変化の一年になると思い・・・いや、間違いなくなります。

そう、自分が動くから・・・



2012・3・11 フェニックス…生振より [その他]


一年後…


あの日、何か変わった…はず


僕も…誰かも…


生振2012年3月11日3.jpg



2012年3月11日

あれから一年

心に芽生えた“何か”は
まだ育っているのだろうか?

僕の心に芽生えたものは
どうやら、とても育てるのが難しいらしい

何度も枯れかけてはいるけども
まだ枯れてはいない


生振2012年3月11日1.jpg



本当の意味で“生きる”こと

それは今の自分に必要な事
それは今の日本に必要な事
それは生ある者に必要な事


生振2012年3月11日2.jpg



誰の心にも、深く刻まれたはずだった“あの日”から一年

僕の心の刻みも、少し浅いものになっていた…

俺…ダッセー と思いながら車を走らせ立ち寄ったコンビニでの
ある若いカップルの会話に、少し寂しくなった

「今日、震災の番組ばっかでツマンナイからDVDでも借りて帰ろう」

ツマンナイ…

ツマンナイ…か


生振2012年3月11日4.jpg



この日の僕は一人だった

なかなか夕陽に恵まれなかった今年の冬

少しの“観れそうな雰囲気”に、僕は用事つでに車を西に走らせていた

その車の中、無音で“あの日”の事を思い出していた
小さな車のTVから映し出される衝撃
何も出来ない無力感
思い出したくない衝撃と悲しみ…

少しずつ、何かに消されるようにフェードアウトしていく大切な報道
表に出ていない、同じ人間と思いたくないような犯罪の数々
結局、力を合わせられない“自分の為”の政治家…


生振2012年3月11日5.jpg



ここで、本気で頑張らなきゃ自分がダメになる

ここで、本気で頑張らなきゃ日本はダメになる

そんな気が…
いや、本気でそう思った一日でした


生振2012年3月11日6.jpg




2012年3月11日 生振の夕刻より




という日記を、僕はこの日に書いていた

途中まで…

でも、なぜか完成していなかった



また、何事も無かったかのように、大切な“命”が奪われていく日々…

あの時「命の大切さ」や「生の意味」を誰もが考えたはず…

何故?

自殺だったり殺人だったり…

そして、それを作り出す原因だったり…

人は“忘れる生き物”かもしれない…

でも

人は“学べる生き物”だとも思う

命の大切さなんて難しく考える事じゃない

失われたら二度と戻らぬ唯一無二の存在

そう、代わりの無い唯一無二の存在…


生振2012年3月11日7.jpg



先日、観にいけなかったCOMPLEXの“日本一心”のDVDを観ていた
そしたら急に、この日の写真が観たくなり観ていた…

なぜこの写真を記事にしなかったのだろう?

何気なしに写した3月11日の写真

この日の夕陽は、まるでグランドクロスのようにも…フェニックスのようにも写っていた

僕は、不死鳥であるフェニックスとして受け取りたい…

そう思えた。。。



nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

工場萌え…2011年~2012年の冬より [その他]

どっちに載せようか迷ったのですが…

夕方以降ということで Style Sunset にしました^^



今の季節なら、寒くなく…というか気持ち良く撮れるのかな~って思うけど

行ってない…^^;

しっかし、このキラキラ感は堪りませんね~

これが“萌え”なんでしょうね

行きたくなっちゃいました♪



色々な場所から撮影したいのですが
工場という、厳重に隔離された場所なので
僕の持ってる200mmのレンズじゃ、いつも似たようなアングルになっちゃうんですよ(センスのせい!?)
せめて300mm買っておきゃ良かったな~と思いました。



室蘭の工場夜景2012年1月.jpg


(室蘭より)
※この色で出すと、相方に「ウソクサイ色」と言われそう^^;
 でも、これが一番写りが良かったので…


苫小牧の工場夜景2011年12月1.jpg


(苫小牧より)



苫小牧の工場夜景2011年12月2.jpg


(苫小牧より)
※コレ、個人的には割と良く写ってるな~と思って、お気に入りです^^
 でも、ちょっと絞りすぎかな?



これ撮った頃を思い起こしながら観てるのですが

まだ半年少々しか経ってないのに、もっともっと昔に感じる…

この一年弱は、とても濃い時間となっていて
そこにある、たくさんの思い出が積み重なり、今までには無い“時”が作られている…



室蘭や苫小牧など、雪の少ない地域での撮影の為
この季節に載せても、ほとんど違和感ないですね^^

今年は、あまり(ほとんど)更新してなかったけど
この冬も、あちこち?撮りに行ってるんですよ~

それは、また機会がありましたらUPしていきたいと思っております♪



nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2012年7月2日の夕焼け空より [その他]


懐かしい…

そんな言葉の似合う夕方だった


曇り空で経過したその日

もちろん何の期待もない夕方だった

待ち時間に、ふと見上げた先にあったビルが、夕陽の色に染まってた

アレを照らす空が観てみたい…

不意に沸いてきた感情のまま
僕は、その空が観れる場所を探した


2012年7月2日sunset1.jpg



コンデジしか持っていなかった僕だけど
それが、まるで いつもの事のように撮っていた


2012年7月2日sunset2.jpg



あの先にある空が観たい…

時間の確定していない待ち時間だったから?
僕は、まるで導かれるように…
いや、それが当たり前のように向かった


2012年7月2日sunset3.jpg



向かった?
追いかける?
何か、そんな感じだったかな
少し前の記憶では、いつもそんな事だったような気がする…



たどり着いた場所は、ここで観たいと思ってた場所
結局…来ちゃった


2012年7月2日sunset5.jpg



でっかい夕陽を横目に、いつも通りすぎるカーブ
今日は、この空を…夕焼けを一緒に観たかったね


2012年7月2日sunset4.jpg



きっと今度は一緒に観れるよ…
いや、一緒に観るよ。



nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

2012年4月14日の夕景 「支笏湖の畔にて」 [湖にて]


2012年4月14日 支笏湖


夕方…

辺りの色が変わり始める


2012年4月14日支笏湖の夕景3.jpg



毎日毎日…

繰り返す日々の中に飲み込まれた毎日


2012年4月14日支笏湖の夕景1.jpg


2012年4月14日支笏湖の夕景2.jpg


2012年4月14日支笏湖の夕景4.jpg



あんあに寒くて厳しい冬を乗り越え
肌にも温かみを感じる…

春の温かさは
暖かさではなく温かさを感じる

湖畔に佇み、全身に夕陽を浴びながら
色々な事を自分に問う…


2012年4月14日支笏湖の夕景5.jpg


2012年4月14日支笏湖の夕景6.jpg



手に入れたいものがある

簡単に手に入れられないけど
それは一生の宝物…

この先、まだまだ苦労は続くけど

僕は、それを手に入れる

必ず手に入れる

改めて心に誓った。。。



nice!(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。